« ランニングフォームの練習 | トップページ | 今夜はモバオクで俺の尾崎豊に入札がないいてか、関西ローカル?だとカンテレ思うのですが »

2018年8月12日 (日)

「新しい世界にいるのだ」ビル・エモット時代の風 - あとりえ60その2sinceFeb2015

全くその通り
やはり、「社外コラムニスト」様様ですな!

毎日新聞の記者はと言うと: 自民党総裁選として、川辺和将「6年前と志変わらず」・・ 「今」新しい世界に居ると言うのに6年前の時代遅れが、与党の総裁??
前にも書いた「グラニュラスな国民個人が少ない日本なのだから、メディアが烏合の衆たる団体と真っ向正反対の主張をしないと、ポピュリズムで国は亡びる」

小生が、頑張っても、せいぜいブログで言いたいことを書くだけだが
SNSは生涯使うまい・・ SNSこそポピュリズムの原動力で、それは広告と言うバブルで限りなく成長する・・ 最も低俗なアメリカンが億万長者になるだけの愚行である

さて、小泉引退に際して、後継に指名したのが安倍晋三で、小泉はぎりぎりまで安倍を指名しなかった
安倍が総理になれば、日本は亡びると小泉は信じていたからだ
実際小生は、仲間内の会話で、安倍が首相では日本は亡びると言いきっていた

幸い、前代未聞、あべは自ら総理を辞任した・・ そこから民主党による政権交代あり・・ しかし、連合が小沢一郎を執拗に排除したことにより、連合の民主党政権はその中から崩壊した
始めて野党の辛酸を嘗めた自民党議員は、二度と野党にはなるまいとの堅固な意志統一で今日に至っている
要するに、どんな泥船でも、人間を捨てても、与党の地位は守る・・ ここまで腐った連中に、恐れをなして従順を決め込んでいるのがメディアなのだ

だから「外人が」「新しい世界にいるのだ」と言っているのに、メディアは「6年前とかわらぬ」廃物を国のリーダーとして崇め祭っている
そのメディアの中に、やっと息をしている本当のジャーナリストが、何とか、外人をも頼んで、チラリほらりと、世界の真実を、日本国民にささやいている

チラリほらりは大きな流れになるのか、消えるのは時間の問題か
20代、30代の記者が目覚めるのか、朽ちるのか、悪魔に追従するのか、
君たちは、無難な人間として採用されたのだろうが、ここまで馬鹿にされて生涯を終わるのは潔しとしない心がありはしないか
その、消えそうな火に期待するしかないのか


byぷろんとひ

« ランニングフォームの練習 | トップページ | 今夜はモバオクで俺の尾崎豊に入札がないいてか、関西ローカル?だとカンテレ思うのですが »

無料ブログはココログ